« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月30日 (水)

人と人の繋がりは…

CMの製作に関してあるプロダクションを会社に呼んで
打ち合わせをしていました。
用件も全て済ませ雑談で、私も昔カメラマンで
●●っていう会社にいました。なんて話をしたら
「じゃぁ○○さん、ご存知ですか?昔からの付き合いで
今は東京にいますけど、行ったら必ず会うんですよ」って…
私の昔の上司でした(^^)
ホント世間は狭いですよね。
でもいつどこでその繋がりが
仕事に活かされたり
趣味などに結びつくかもしれないので
繋がりって大切にしたいですね(^^)

そしてギターとアンプやエフェクターの繋がりも大切!
って少々無理矢理でしょうか?(
シールドにもモンスターのような永久保証が付いた
高級なものから、ワゴンで数百円で売っているような物まで
たくさんあります。
数百円とかは別として高級品と普及品の違いが今ひとつ
理解できなくて、いつも当たり障りのないところで
LiveLineを使っていますが、皆さんはやっぱり良い製品を
お使いでしょうか?
01
こんな所が違うとか、音がこのように変わるとかありましたら
教えて下さいm(__)m

2008年7月26日 (土)

風呂上りのロッカー!

01
私が休憩がてらベンチャーズの「
PIPELINE」を
弾いていると娘たちも弾いてみたいと言うので
急遽レッスン。
基本的なことは無視して代表的なフレーズを教えました。
まずはゆっくりと運指を覚えるまで、徹底的に繰り返し
スピードを徐々に上げていくようにと言う事で始めましたが
まじめに毎日練習してます♪
※ダウンピッキングのみでやっているのでオルタネイトを
教えましたが、ちょっと難しいようです^^;

そして目標を持たせた方が練習にも身が入ると思い
「元曲と同じスピードで弾けるようになったら
3人で録音しよう」と提案しましたら二人とも
「えっ~!!!」とビックリしたようですが
イヤとは言わなかったので今から楽しみです。
これがきっかけでギターに興味を持ってくれれば
私にとってはシメシメなのですが(^_^)

さて「伊豆甘納豆売り」も第2弾です♪
7分近くの曲なんで、最後までは長い道のり。
あと1/3を残してとなりますが来週には
最後まで到達を目標に頑張ります(^^ゞ

「00302.mp3」をダウンロード

2008年7月23日 (水)

間違いナシ!

平日のお昼間、ジャムズファクトリー
なぜかblueskyさんと私の姿が・・・
もうお分かりの通り、悪巧みというのか
私が乗せられたというのか(笑
↓こんなものを買ってしまいました^^;
Prs701 Prs702
PRS7というピックアップです♪

PRS
HPを覗いてみると
Bassポジション→「このピックアップは、
ビンテージの特性を生かしたフルレンジの
ピックアップです。」

Trebleポジション→「PRSのトレブル・
ピックアップの中で最高の1つといえる
このピックアップは、ビンテージの特性を
生かした非常にパワフルでクリアなサウンドを
特徴としています。」となってます。

これをPRSに仕込めば…ウッシッシ(^^)
戦闘力アップ間違いなしです♪

このニッケル?のルックスも最高でしょ~
ダンカンの59’やディマジオのPAF等で悩んで
いましたが、かなりの予算オーバーながらも
このPUならば後悔しないと思い購入へ。

取り付けはもちろんアノお方の所で、
ついでにコンデンサも交換します。
そしてコレ↓を貼れば
01
もう完璧!!(詳しくはjockomoで)
あとはウデだけですが、これが問題です(^_^;)

ジャムズの店員さんに「ギブソンに付けるんですか?
それともトーカイ?」って聞かれましたが、
トーカイ買ったのバレてました。。。(汗
店長さんからこれ以上増やさないようにって
言われている事は守ってますので
ジャムズさん、お許しをm(__)m

でもこの#7をTOKAIに積んだら…
なんて考え出すと眠れません(^_^.)

2008年7月19日 (土)

天気は晴ですが…

気分は中々晴れとはいきません。
1週間が経過しましたが
とりあえず普段のように振舞っていますが
電車の中やテレビを見ている最中も、
色々と考えたり、思い出したり。
嫁さんは7月末もしくはもうしばらく実家で
お義母さんと一緒に暮らします。
幸い我が家は両親と暮らしてるんで、食事や
洗濯などの家事は母親や娘たちがやってくれるので
嫁さんには存分にお義母さんを励ましてもらいたいと…

午前中に録音をして、ついさっき久しぶりに
愛車にワックスをかけました。
719206
正月以来、水洗いばかりでくすんでいた206ですが
輝きを取り戻し気分も一新です!

その洗車で汗だくになってしまいましたので
一服の“涼”にでもなればと「伊豆甘納豆売り」の
1弾をアップします。
後半の一部以外はテクニック的には難しくないのですが
強弱をつけたピッキングがまったく出来ず
“のんべんだらり”とした仕上がりなうえに
ど~してもリズムが先走ってしまい、それを解決
するには至りませんでした(>_<)
とりあえずは第1弾という事でご容赦を。
「00202.mp3」をダウンロード
2弾・3弾、もしかすると4弾まで続くかな?

2008年7月16日 (水)

お世話になりました…

先日の土曜日、義父が他界しました。
あまりにも突然だったためお母さんや嫁さんも
かなり動揺し、ばたばたとしていましたが
昨日告別式を行い、お父さんをお送りしました。
私はお正月以来、お邪魔していなくてお会いできず
とてもそれが心残りで悔やんでいます。
76歳と高齢ではありましたが、良く孫を相手に
ジョークを飛ばし、まだまだ元気だったのですが…
生きていれば必ず別れはやって来るものですが
つらくとても悲しいです。

前回の日記でコメントをいただいていた皆様
そんなこんなで返信が遅れましたことすみませんでした。
またタイミングを逸してコメントしていませんが
皆さんのブログも全て拝見させていただきました。


さて話題は変わって。。。
TOKAIのレスポールを買ってからいまだテンションは
上がりっぱなしですが、GIBSONも捨ててはおけません!
以前から見た目だけが不満とピックガードを交換したのは
ご存知かと思いますが、今回は↓
01
ノブをゴールドにしてみました♪
これで結構雰囲気的には落ち着いたかな?と。
本当は全てゴールドパーツに換えたいですが
かなりの出費になるので控えておきたいと思います^^;
そんなこんなで毎日1時間~2時間の練習時間ですが
その間にも5本のギターをとっかえひっかえしながら
この曲↓の練習に励んでおります。
01_2
おっと間違えました。。。
高中正義の「伊豆甘納豆売り」を練習しております(^^)
週末にはver.1をアップする予定ですが
曲の2/3までは弾けそうですが、後半の一部が
とても弾けそうにないのと、とても表現が難しい
曲なので、そのあたり上手く出来るかどうか…
しかし頑張ります(^^ゞ

2008年7月12日 (土)

GIBSON vs TOKAI

今日こそは寝坊をしようと思っていましたが
5:30にお目覚め…
いつものように午前中に録音と相成りました。
さてお聴きいただく前に、

~東海楽器HPより~
白熱していた時代のクラフトマンスピリッツを継承
木材の選別、加工から組み立てまで
すべて日本のクラフトマンにより行われる純日本製
ボディ、ネック共に選別した材を使い、
LSESなどのピックアップには、
PAF-Vintage」シリーズが搭載されている。
Tokai002 Tokai005 Pu01
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
先日購入したのはTOKAIの「VINTAGE SERIES」で
上記のように説明されています。
まさに発売当時のこだわりを今の時代に引き継いで
いるようで、この言葉からも東海楽器の自信が
伺われるようですが、それは言葉だけではなくて
手にしてみるとその意味も分かるような気がします。
私の購入したモデルはLS-100Qで定価100,000円の
たいした物ではありませんが…
もしスタンダードを購入していたらまた違った
気持ちだったと思いますが、今回はTOKAI
正解だったと思います。
GIBSONはスタジオ持ってるし、それも結構ご機嫌で
見た目の変化も着々と(^_^)v
ということでキャラクターの違うレスポールが
2台手元にありそれぞれの個性を楽しむ事の出来る
環境に感謝して「ONLY YOU CAN ROCK ME」の
ファイナル…いや“なんとか最後までver”を
それぞれアップしてみました。
その違いについては私のヘタな表現で書くより、
まずはヘタな演奏をお聴き下さいませ。

【Only You Can ROCK Me by GIBSON】
「only_you_can00102.mp3」をダウンロード

【Only You Can ROCK Me by TOKAI】
「only_you_cantokai00101.mp3」をダウンロード

【Only You Can ROCK Me by おまけ】
「only_you_can00101.mp3」をダウンロード

いかがでしたでしょうか?
好みでいうと私はTOKAIの方が自分の中の
レスポールに求めるサウンドに近いんですよね~
でもGIBISONも“らしい”個性があって。。。
優柔不断な私です(^_^;)
“おまけ”は当初ストラトで練習を始めたので
アップしてみました。これはこれで好きなんですが(笑

さて次ですが季節はもう夏!
久しぶりに高中正義で、夏らしくいきたいと思います
弾けるかどうかは不明ですが(汗

2008年7月 9日 (水)

全力!

趣味に仕事にと毎日が全力です!
おっと仕事はテキト~に力を抜いておりますが…
というかかなり力が入らなくて楽しくありません(T_T)
仕事自体は楽しいのですが会社自体が面白くなく
このままだと精神的にも人生にとっても良くないので
近々おさらばかな?と。。。
えぇ、愚痴はこの位にしておきまして、全力と言えば
最近、日テレ系の番組で「全力!Tunes」というのを
毎週見ております。
楽器を中心に頑張っている小中学生をとりあげ
スタジオで演奏したりゲストとセッションしたり。
皆さんとても私なんか足元にも及ばない程
上手くて凄いな~の一言!



(上の番組名をクリックしていただければ
番組HPで他の動画が見れます。)

ただ気になる事が1点…
ギブソンは言うに及ばずPRSやヴァンザンントなど
数十万円のギターを普通に使ってるんですよね。
もちろん親が買い与えたものでしょうけど
ちょっとやり過ぎでは?なんて思ったり。。。
その反面宮崎県の女子中学生バンドの「たんこぶちん」の
コンテストへの挑戦を番組でも追っかけていますが
この子達は凄く素朴で「頑張れ~」って応援してますが
本来はこの姿が正解なのでは?と。
良い楽器を手にする事は大切ですが、限度ってものを
親はわきまえないとなんて思います。
半分はそんなギターを買えないやっかみですが(^_^;)

さて私も子供たちに負けないよう、週末は最終の課題曲を
完成させねばなりません!
特に今回はGIBSONとTOKAIの違いをお聴きして
いただけるようにガッツリ頑張ります(^^ゞ
一つだけご報告しておきますが
TOKAIはとてもエエ音しちゃってます♪”

2008年7月 5日 (土)

30年の時を経て…

前回からレスポールの話題が続きますが、
レスポールを弾いている人にとっては
GIBSONのヒスコレってある意味の到達点?
なのかもしれません。
楽器店で眺めていてもレギュラーラインとは違った
オーラのようなものにクラクラします(^.^)

そうそうこのキルトトップなんかもとても綺麗で
エロさまで感じてしまいます。
Tokai001 Tokai004
あっこの写真、自宅で撮影しました(^^)
意外に重量は軽くて、チェンバー加工されているのか?
生鳴りが良くなるなんて事を聞きますが?
ついでに重量の問題も解決なんて一石二鳥ですね。
音もとても良く、スタジオとはまた違う音♪
Tokai003



え~いかにもヒスコレを買ったような文章になりましたが
当然の如くそんなモノは買えません(T_T)
これは“TOKAI LS-100Q”というモデルです。
スタンダード(以下STD)かクラシックの中古を買おうと
目論んでいたんですが、三木楽器にてお買い得価格で
一番好きなチェリーサンバーストのSTDを見つけ
買う前提で何日か悩んでいて「さぁ買うぞ」と
決心した時にはすでにHOLDされてしまい…
石橋ではナヴィゲーターが掟破りの148,000円。
しかし1日考えている間にSOLD OUT。。。
「じゃぁTOKAIのLS-135か!」なんて思った時には
すでに遅し、受注生産なので入荷後スグに売れてしまい
次の入荷はいつになるのか分からない(T_T)
そこでLS-135とLS-100の違いを聞いたところ
135がラッカーフィニッシュでデープジョイント位の
違いでクオリティーなどはどちらも
TOKAIの純国産なので大きな違いはないとの事。
135入荷を待たずにLS-100を購入しました。
(入荷は早くて12月?)
スタジオさえ手放せばデジマートで見る限り
予算内でSTDがいくつもあるので買えたのですが、
前々から何度も書いていますがTOKAIは自分にとって
特別に思い入れのあるギター。
希望のグレードではありませんでしたが、
たぶんめぐり合わせなのか?と思い購入しました。
ついに手にすることが出来て、とても嬉しいです♪
さてではどんな音なのかは次回へ持ち越し
GIBSON vs TOKAI”のネタとして温存します。
ついでに数年後には必ずSTDを買います♪
と宣言しておきます(^^ゞ

そんなこんなで、本日はコレをいじくりまわすので
録音は後回し…「ONLY YOU CAN ROCK ME」のver.1は
後日と言うことでm(__)m

2008年7月 2日 (水)

ギター選びのポイントって?

ギター選びのポイントってレスポールやストラトなど
そのルックスだとか音だとか、好きなプレイヤーが
使用しているなど、人それぞれに理由があると

思いますが、私の場合「コレ欲しい」というのが
ギター選びのポイントです(^_^;)
皆さんはいかがですか?

そしてルックス・音ともに大好きなのが“レスポール”
昨年ギターをはじめて間のない頃無理して憧れの
GIBSONを買った事でもお察しいただけると思います。
そのレスポールの中でもサンバーストのボディカラーが
一番のお気に入りです。
現在所有しているスタジオはワインレッドですが
近い将来スタンダードやクラシック(一番欲しいのは
クラシック・プラス)を買う際には、必ずこの色を
選択したいです。
しかし一口にサンバーストといっても様々!

①プレーン
Ls95


②トラ目
Ls135


③キルト
Ls100


どのサンバーストがお好きですか?

それともサンバースト以外?
どのサンバーストが好きなのか嫌いなのか、
その理由は?
ご意見おまちしてます(^^ゞ

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »