« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月30日 (日)

リフレッシュ完了!

湯郷温泉より帰ってきました♪
朝早く出たので、現地へは当然の如く早く着き
道の駅で野菜を購入したり岡山ファーマーズマーケット
・ノースビレッジで遊んだりしながら過ごし
お昼は“讃岐うどん”をがっつりいただいた後
チェックイン。

夕食は寄せ鍋・すき焼き・しゃぶしゃぶ・

バーベキューの中から選べるのですが、我が家は↓
Dscf4431 Dscf4432
しゃぶしゃぶを選択。お肉も野菜も山盛りで
全員腹一杯!確実に体重が増えている事でしょう。。。
夜はUNOをしながらワイワイと過ごしました。
私たちが泊まったのはロッジだったので騒いでも
迷惑はかけておりません(^_-)

チェックアウト後は「永生与窯(とおとがま)」さんで
陶芸教室。
Dscf4441
伝統の備前焼と信楽の土を使った白土の両方を体験し
嫁さんも娘たちもはじめての事でとても喜んでました♪
電動ろくろや手ひねりを体験。23ヶ月後に届くそうで
とても楽しみです。
Dscf4469new0 Dscf4475_2
あっ、私は撮影班なのでやっておりません(^_^;)


さて時間は遡ってお盆の事です。
お盆の前週に1年程お会いしていないプジョー関連の
お仲間さんより突然のメール「たしかギターされて
ましたよね?私も最近弾き始めたので、機会があれば
お茶でもしながら色々とお話しをお聞かせ下さい」と。
じゃぁお茶だけじゃなんなので、楽器屋さんに
行きましょう!とジャムズファクトリーさんに
連行?してきました。

その際、私がタダで帰る訳もなく…
カスタムのコンデンサを交換していただきました。
02
ロシア製のオイルを入れてみましたので、
01 001
比較広告をお聴き下さい。
曲はサンタナの「Europa」です。

まずはノーマル
「europa_by_custom001.mp3」をダウンロード

続いては交換後です。

ノーマルの方はちょっとこもった感じですが
ヌケが良くなってませんか?
私的にはOKです♪

2009年8月28日 (金)

ちょっくら行ってきます♪

これから岡山の湯郷温泉にお出かけです。
もちろん基本的には家族旅行なんですが、
お宿はお世話になってるクライアントさんの所
その他にもビジネスの話が色々あるので
半分はお仕事です(^_^;)

明日の晩に帰宅しますので、日曜日に「悪巧み」の
日記をアップさせていただきますのでその時に
お会いしましょう!
皆さんも良い週末をお過ごし下さい(^^ゞ

2009年8月23日 (日)

ふたたび…

また買ったのか!と呆れられたかと思いますが
こちらは“頂きもの”
先日の金曜日「ジャムズファクトリーさん」の
ブログで『あげます』コーナーを設置しましたと
ありました。何らかの理由で売り物にならない
ギターたちを自分で蘇らすか、それがムリな場合は
BARのオブジェにでもとの事だったので
昼飯も食わずにお邪魔してみるとストラトが…
鳴らなければPUを付けたり、メンテの練習用に
丁度良いかもと持ち帰ってまずは繋いでみると…
ジャックにガリはありますが、普通に鳴ります。
半分期待はずれ?でもありましたが、全身を綺麗に
磨いて、新しい弦を張り、接点復活剤をひと吹き♪
締め切り前で忙しかったので、昨日はそのままで
今日の朝から
試し弾きのつもりで覚えている
最中の曲を少しなんて
思いながら…
最後まで弾いちゃいました
^^;
弦高が高かったり、ネックの形状が気に入らなかったり
音も少々ペラっとした感じですが意外に使えます。
このギター正体は↓
Legend01 Legend02
Legend05 Legend03
Legendのストラトタイプ。
新しい仲間が増えました♪

2009年8月14日 (金)

出会いは突然に、そして…(長編)

本日は休みを取りました。
そして悪巧みを実行…
詳細はまた来週にでも(^_-)

さて先日の詳細です。
「ど~してもカスタム(タイプ)が欲しい」と
我慢できずジャパンヴィンテージの中で評判の良い
GRECO EG-1000」を発見し石橋楽器に発注。
(70年代当時GRECOのフラッグシップ機です。)
東京のお店の在庫だったので心斎橋店で受け取り、
支払いをお願いし、3日後に到着してお店へ伺った所
「あまり状態が良くないんです」と色々と説明して
くれましたが、キズや打痕等は気にならないのですが
フレットがベタベタ。。。さすがの私もこれは受け入れ
がたかったので、やもなくキャンセル(>_<)

その後私の中でなにかが弾け飛びました!
「ええい!妥協せずに夢を一つ叶えよう」と。
そこからデジマートとj.guitarを徘徊し、
TOKAILes Paul REBORNLS-100
70年代のGibson Les Paul CUSTOMを発見、
TOKAIはある意味自分が一番こだわっているもの
Gibsonはなんといっても王者風格に敵う者はなし!
両方とも同じ店で、問い合わせし色々と聞いて、
この暴挙に至りました。
※今回この機会を逃すとTOKAIは一生手に出来ないと
とても悩みましたが、このあとの長い月日の事を
考えると、Gibsonを選択した次第です。
1976custom001_2 1976custom005_2

Gibson 1976 Les Paul Custom
この佇まいは貫禄すら漂います。
さて市場価格はデジマート等でお分かりかと思いますが
フレット打ち換え、ナット交換、フロントPUの交換
(57クラシックが載ってます。)、コントロールノブ、
ポッド1個交換、ケースが80年代のプロテクターケースと
なっているため、思ってたよりも安価で手に入れました。
ただし演奏上で問題になる箇所は全くナシ!!
逆にフレットやナットの状態が良いので
心配なしに使用できるのは私にとっては朗報です♪

さて細部をつぶさに見ていきましょう。

■ボディトップ
1976custom002 1976custom008
メイプル3ピースTOPのはずですが、正面右側の
つなぎ目が見当たらない…変則2Pでしょうか?
そんな訳ないか(^_^;)
見た目が良さはセンター2ピースのだと思いますが
こだわらなければ全然OK
タバコバーストが渋いでしょう~

■ボディバック、サイド
1976custom007 1976custom009 
この時代の特徴である「パンケーキボディ」です。
70年代のGibsonは何かと評判が悪いようですが
このあたりも原因の一つなのでしょうか?
私のような未熟者の感じ方で当てにはなりませんが
57GTと比べて特に音が悪いと思うことはありません。
もちろん性格が違うので一概に比べられませんが
初めて鳴らした時の印象は「おぉエエやん!」でした(^^)
少々塗装のハガレもありますが、レリックとは違い
歴戦の勇者っぽくってカッコイイ!

■ネック
1976custom010 1976custom006
メイプル3ピースで、指板はエボニーです。
写真をご覧いただくとお分かりかと思いますが、
トラ目がうっすらと出ております♪
できればフレイムはボディTOPの方が良かった(
指板はエボニーなんで、ローズと違い真っ黒
ローズに比べると立ち上がりが早いなんて聞きますが
私にはよく分かりません(
握り心地は57GTの方が遥かに太く、私にとっては
このネックは「細く」感じますが、一般的には
そうではないのでしょうね^^;

■ヘッド
1976custom003 1976custom011
横から見ると明らかですが、ヘッド角が浅いです。
となりのSGと同じ角度です。その点TOKAI
手抜きせず忠実に再現してます。
さて角度の違いがどう影響しているのか?
私には全く分かりません(^_^.)
メイプルネックと相まって「倒しても折れにくい?」
程度の認識です。。。スミマセンm(__)m
しかしこの“ダイヤモンドイレイ”が憧れでした!
カスタムの魅力はこのインレイとゴールドパーツが
かなりの部分を占めております。(見た目の)
ついでにバイディングですが30数年の月日の
“黄ばみ”がこれまた何ともいえない雰囲気を
醸し出しています。

■ピックアップ、その他
1976custom004
フロントは57クラシックになっていますが
リアはオリジナルで『刻印ナンバード(NEW PAF)』。
もっとガッツリとしたPUかと勝手に想像してましたが
そうではなくとても好ましいサウンドです。
GT57クラシックと比べると高域がでているかなと
思います。
コントロールノブとポッド1個が交換されてますが
いずれポッドとコンデンサは交換する予定なので
このあたりは気にならず。


全体的には「とってもイイ」と満足してます。
ネックの握り心地さえ慣れれば他に問題も
文句もございません!
これはもう一生モノなので、大切に使い込み
自分の手で本当のヴィンテージになるように
弾き込んで、このギターが似合うような自分に
なれるよう頑張ります。
ただしこの裏側ではアメデラとの別れも…
いまでもこの選択が良かったのか?と
自問自答しています。

2009年8月 8日 (土)

猛暑続きで熱暴走…

イケベが私に「買え」と言ってるのでしょうか?
とっても魅力的なのが出ました。
Sub1 Sub2
Sub3 Sub4_2

イケベがTOKAIにオーダーし、12本だけ製作された
LS-5 Limited Premium
通常TOKAIのレギュラーラインはLSの後に
二桁か三桁の数字が付くのですが、一桁の数字の
モデルが存在します。これはギブソンでいうと
カスタムショップをイメージしていただくと
分かりやすいと思いますが、レギュラーラインの
ワンランクもツーランクも上の素材を使い
最上位のLS-1などはハードロックメイプルに
ホンマホの1ピース、ハラカンダ指板。
J.M.ROLPHハムバッカーに本物のバンブルビーと
これでもかという仕上げ。値段もヒスコレ並み!

このオーダー品はそこまでの作りではありませんが

PUはあの『Tom Holmes』を積んでいます。
このPUだけでもヘタなギターが買えますが
このLS-5がなんと128,000とビックリ!
TOPの貼りキルトが気に入りませんが、
このレスポール買いですよ、そこのアナタ(^_-)

さて熱暴走といえば普通
PCだと思いますが、
暴走してるのはワタシ
梅雨がやっと明けたと思ったら連日35°前後の
気温が続き、暑さに弱い私は体も頭もフラフラ(>_<)
休日も愛車のワックス掛けをしなくちゃなりませんが
ぶっ倒れそうなので見て見ぬフリ。。。
エアコンの効いた部屋でギターを弾いてるのが
一番心地よいです♪

え~今週と来週の課題曲を決めていたのですが
急遽変更して、以前に弾いたことのある
Gray MooreTHE LONER』を弾いてみました。
最初はGTではじめたんですがどうもシックリと
きません。そこでTOKAIに持ち替えると
あらこりゃエエわ!です↓
「the_loner_by_tokai001.mp3」をダウンロード

最近少しずつリンディにも慣れ、ある程度納得できる
音を出せるようになり、TOKAI&リンディコンビは
さすがだなぁなんて思ってます。
しかし思い直して本番はGibsonで弾きました↓

熱暴走中のワタシです(^_^)v

2009年8月 1日 (土)

名物に旨いものは…

午前中は事務所の引越し。
100mも行かない所に石橋楽器&三木楽器…
これが良いのか悪いのか^_^;
そして昼からはソフトボール部で3年間
頑張ってきた次女ですが、今日が引退試合。
バッターとしては凡退で終わりましたが
守備ではファインプレーを見せてくれ
納得の試合ではなかったでしょうか。
さぁこれからは高校受験に向かって頑張れ!

話は変わりまして…
「名物に旨いものなし」なんて言いますが
私はそんな事はないと思います。
ここ最近のお気に入りというのが
01
「なんじゃこら大福」。
じろすけさんにいただいた宮崎の銘菓です♪
つぶあんの中に栗にイチゴにクリームチーズが入った
欲張りな大福。
食べ応えがあり、甘い物にはウルサイ私ですが
合格点の美味さです(^^)

さてこれに負けずとも劣らぬ名物があります。
幼少の頃から定期的に送っていただき食べ続け
今でも飽きず、子供たちも大ファンの↓
Maruboro01
「丸ボーロ」。
丸ボーロというと佐賀県が有名ですが鹿島市にある
「辰巳屋」という和菓子屋さんの丸ボーロですが
見た目は地味なんですが大判でやわらかくて
中はシットリと。。。う~ん堪りません!
実は「辰巳屋」というのは祖母の実家でして
私も幼少の頃一度お邪魔しただけなので
直接は知らないのですが、福岡の親戚から
送っていただき美味しくいただいています。
牛乳と一緒に食べるとこれまた格別で
牛乳嫌いの娘たちもこれならOK^^;
ネット等では販売していないようなので
機会がありましたら是非お立ち寄り下さい。
他の丸ボーロとはちょっと違います!

さて名物に続き名バンド“
Cheap Trick”
今も現役なのが嬉しいですよね~
このバンドもジューダスプリーストと同じく
昔々に「CLOCK STRIKES TEN」を1曲だけ
知っているだけなのですが、それが今でも
忘れられません。
課題曲を探している最中にいくつかの曲を聴き
やってみよう!とSurrender」を弾いてみました。

軽快に気持ちよく弾けました。手首は痛いですが。。。
近いうちに別の曲にも挑戦したいと思います(^^ゞ

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »