« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月27日 (日)

今年の締めくくりは!

ここにきても仕事が忙しく、ついでに年賀状作りや
お墓参りなど家の用事でバタバタしております。。。

さて今年を振り返ると、前回も少し触れていますが
仕事の面では、あまり良くはありませんでした。
しかし趣味(=ギター)の面では、例年になく
充実した1年で、セッション、コラボやライブ出演という
新境地に加え、精力的にコピーを進めることが
出来ました。
まだまだヘタさが目につきますが、去年よりは向上していると
感じていますし、弾けなかった所や苦手な部分が弾ける
ようになったりと、少しですが上達した部分も見つけられて
とても嬉しく思っています♪
それもこれも、私のテンションを持ち上げていただいている
皆さんのお陰!
本当にお世話になり、有難うございました。
そして来年もよろしくお願いしますm(__)m

さぁ今年の締めくくりの曲!…の前に↓
Tu12
締めくくりの物欲です…ではなくて、
これは、お義母さんに頂いたBOSSの「TU-12H」。
もちろんお義母さんがギターを弾くわけではなく
大正琴を習っておられますが、少し事情があり
現在お休みされているので、私が頂いちゃいました♪
少し前にDT-10などしっかりしたチューナーが欲しいと
言ってましたが、慌てて買わなくてよかったです(^.^)

では曲ですが、予定していた曲があったのですが
締めくくりにはあまり相応しくないので、
今年ラストを飾るに相応しい曲にしようと急遽今朝から
練習を開始して、アップしたいと思います(^_^.)
ギターを弾くうえで、必ず弾きたい目標の一つであった
Eaglesの「HOTEL CALIFORNIA」です♪
季節はずれなのはお許しを。。。



かなりムリをしたので色々と問題点はありましたが
これで気持ちよく今年を締めて、来年を迎えたいと
思います!

それでは皆様、良いお年をお迎え下さい(^^ゞ

2009年12月19日 (土)

switch(スウィッチ)の切り替え♪

年齢からくるものかもしれませんが
本当に時間がたつのが早く感じます。
今年の初めから今までに経験したことのない
事態に遭遇し、今後どうなることやらと大きな不安の中
はじまった2009年ですが、なんとか年が越せそうで
来年もさらに頑張っていきたいと思います。

その仕事ですが年末年始は仕事の関係で締め切りが
前倒しになり、昨日までは今週はてんやわんや…
ホッと一安心といきたいところですが、年始からの
仕事もいろいろとあるので気は抜けません(^_^;)

ここは頭のswitch(スウィッチ)の切り替えて本題へ。。。

ギターの方も今年の前半は大人しくしてましたが
やはり我慢の出来ず、'76カスタムを筆頭に
暴れてしまったようです。
(物欲魔王の称号はsinkenさんに移行しております。)
暴れただけでなく、blueskyさんやジャムズファクトリーで
ギターをいただいたりととても役得?な事も
たくさんありました。
なによりも、私のモチベーションを上げていただいている
皆さんんに一番感謝しておりますm(__)m

さてここ2週間テストばかり繰り返していたので
ここいらでちゃんと1曲!
Def Leppardの「SWITCH625」をアップします。
あぁやっとタイトルとつながった(^_^.)

しかし今回もいまいち納得ができてません。
優柔不断な性格なので、アップしちゃいますが
いずれ必ずリベンジしたいと思います。

2009年12月12日 (土)

やっぱり“和”はイイですね~

本日の夕食↓
Image062
久しぶりのお寿司です♪
回ってなければ最高なんですが。。。(^.^)

肉汁タラタラも大好きですが“和”テイストも
歳を重ねるごとに好きになっていきます♪

さてもう一つの“和”ですがニューアイテムの件です。
グレコのオリジナルで“LG”シリーズと言い
'95の楽器ショーで発表されたもの。
3種類のグレードがあり最高峰のLG120は
メイプルトップ+マホガニーでレスポールと
同じ構造。
そしてLG-90はトップがアッシュ+マホガニーと
マホガニー・ボディのも存在した模様。
LG-70はバスウッド・ボディと、それぞれのモデルで
異なったボディ材で作られていたようです。
詳しくは当時のプレイヤー誌の記事で↓
Grlg9602
それで私のグレコですが、詳しくは分かりませんが
色々と調べた結果、120はペグやその他のパーツが
高級品を使用しており、90はノブなどが当方のとは
違うことと、ヤフオクでいくつか70が出品されていたのを
見てみると同じようなので、70と判断しました。

それぞれの確認をして見ましょう。
Greco001
まずボディ形状はレスポールと非常に似通っていますが
少々小ぶり?かも。
ボディの厚みはレスポールと変わりませんが、なんといっても↓
Greco004
コンター加工がなされており、先日お亡くなりになられた
成毛 滋氏の成毛モデルような感じです。
重量的にはヒスコレと比べても軽く、お得意の空洞ボディ
なのかもしれません。

Lg7002
次にネックですが、これは他の国産と同じように薄めで
極太ネックに慣れた私には少々頼りなく感じますが
とても弾きやすく思います。
テンションも弱めとの事なのでたしかにチョーキングとかは
ラクな感じがしました。

そしてもう一つの特徴であるヘッド。
Greco003
ゼマティスによく似た形状で「ゼマティス・ヘッド」と
呼ばれているよう?です。
ロゴも特徴的ですね。個人的には好きじゃないですが(^_^.)

Lg7003
ここでピックアップなのですが見た目で分かるとおり、
PUがカバードとオープンになっていますが、
オープンのPUに交換したのか、ただ単に外しただけなのか?
ウェブでは両方存在したので判断が出来ませんでしたが
mixiのグレコ・コミュで教えていただき、オープンが正解
なので、カバードのフロントが交換されているとの事でした。
次回弦を交換する際に外してみて確認したいと思いますが
疑問なのが、あきらかにリアの出力が低くて
プロントはパワーがありますので、何かが分かればと
楽しみにしています♪

前回はプロント、リアとも歪ませたテストをしてみましたが
ど~してもクリーンでのサウンドを確かめたかったので
季節外れでありますが、高中正義「伊豆甘納豆売り」を
途中まで(^_^.)
フロントPUで弾いてみました。

う~ん個人的には歪ませるよりも
こちらの方が好きですね♪
ちなみにリアのクリーンはちょっと…

しかしテストばかりしているので、課題曲が
進みません(>_<)

1曲はいつでも録れる状態で、候補曲も
たまる一方…
来週からはちょっと気合入れて頑張ります!

2009年12月 5日 (土)

ブルータス、お前もか。。。

まずは、ブログをはじめて(=ギターをはじめて)約2年半、
おかげさまで先日カウンターが100,000を越えました。
これも日頃お世話になっている皆さんのおかげ♪
今後とも刺激をいただけますよ宜しくお願いしますm(__)m
※ただし「煽り」は禁止です(笑

さて皆さんが物欲の虜になって色々とご購入されているのを
指をくわえて見ておりますが、まだまだ物欲の嵐は
過ぎ去っていないようで、あちらこちらで吹き荒中です(^.^)
そんな私が買えるのはコレくらいなもの↓
Korg001
KORGのチューナーですが、これはライブの時にチューナーの
必要性を感じたのですが、DT-10等は高いし、
普段はZOOM内蔵で事足りているので今後そんなに必要性も
なくなるしと妥協点を見つけたのがこれでした。
しかしあまり正確じゃなさそうだし、いまいち使いにくいし
家じゃぁ使い道はないし…(汗

え~愚痴はさておき今回は長くならないうちに、
音源といってみますが、今週もテスト音源です。



嵐に巻き込まれたようです。。。(^_^.)

音の特徴が分かりやすいようにと思い
どちらもほぼ全てのエフェクターかOFFにして
WASPはピヴィー5150でリアPUを使用、
サンタナはガバナーのモデリングでフロントPUを
使用しています。
以上、今週はここ迄♪

注意:事情説明は行いませんので予めご了承をm(__)m

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »