« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月30日 (火)

臨時増刊:初心者の方も、そうでない方も

臨時増刊号として、会社から更新です^^;

0002
先日からNHKの「チャレンジホビー」という番組で
“めざせ!ロック・ギタリスト”と題して、
野村義男さんを講師に、松竹芸能“ますだおかだ”の
増田さんを生徒にして番組がスタートしました。

増田さんはかつて、アコースティックギターに
挫折した経験があって、今回「憧れのギタリスト
charさんの名曲“SMOKY”をライブで演奏したい」と
改めてギターをとの設定です。
私もcharのSMOKYはぜひとも弾けるようになりたい
曲なので、録画をしてブルーレイに保存していきたいと
思います♪(弾ける弾けないは別ですが…)
詳しい内容はHPや写真で見ていただくとして
まだ1回目の放送は観ていないんですが
淡い期待をしつつ…
ブログでお世話になっている方の中にも
私と同じように“初心者”の方もいらっしゃるので
これからの参考になるかもしれません!
ベテランの方々は、暇つぶしにでも(笑
0001 6189705
見逃した方は再放送もあるので覗いてみて下さい。
テキストも販売されているようです♪

2010年3月27日 (土)

そんなつもりじゃなかったのに…

さて先週の「高額品」と書かれた箱の中身ですが
今回のネタのために詳細は明かしませんでしたが
ご推察のとおり“本体”です。
箱にも“guitar”と書いてありましたのでバレバレ…
じろすけさんにはファイル名を確認されるなんて
迂闊なことをやっちまいました(笑

正体は↓
Tokai001
『1981年製TOKAI LS-50』です♪
(撮影用でヒスコレのケースに入れてみました。
実際は古~い他社製の茶色いソフトケース…)
私が欲しいのはあくまでも78年・79年の
“Les Paul REBORN"なので、Reborn OLDや
LoveRockは購入するつもりは元々ありませんでした。
以前からデジマートやJ-guitarをチェックしては
とんでもない金額以外のモノは、問い合わせたり
HOLDのお願いをしたりして、なんとか手に
入れようと努力を重ねていましたが、
いつも一歩違いで、コレクターの方なのか
海外へ転売する業者(存在するようです) なのかに
先を越されては「いつかは!」と悔しい思いを
しながら、探し続けていました。
今回もたまたまこのモデルを見かけたのですが
(J-guitarやデジマートには載っていません。)
LoveRockである事と、LS-50というグレードだったので
当初は「ふ~ん」位の気持ちだったのですが
何度も眺めているうちに…
取り合えずと思いお店へ問い合わせたところ
ボディバックにいくつかの打痕はあれども
トップは綺麗で、ネックの状態も良いとの事。
そんな事を聞いてしまうと益々思いはつのるばかり!
ネットでTOKAIファンの方々のHPでは83年以降は
品質も下がりとあり、81年であればLoveRockへ
移行したばかりで、品質の面も大差はないかも?
という判断もありました。
予算的にはSG売却の資金を残していたので大丈夫
でしたが、なんといっても越えなければいけない
ハードル(=嫁さんの許可)が高すぎるので
1週間のHOLDをお願いし、しばし考えていましたが
諦められるわけもなく、思わず注文しちゃいました(滝汗
しかし嫁さんの許可を得たわけではなく強行突破…
あとで土下座をして謝ったのは聞かなかった事に(^_^.)

経緯はこれくらいにして詳細を。。。
Tokai002 Tokai003 Tokai004
まずはボディからですが、エントリーモデルなので
トップもバックも3ピースとチープな仕様。
しかしなんといっても、ブラウンサンバーストのボディと
焼けて黄ばんだダブルホワイトのピックアップ
そしてピックガードが渋い!
ほとんどこの見た目だけが決め手でした♪
(PUはGOTOHのPAF、それともオリジナルなのか
次回弦交換の際にでも確認してみます。)

Tokai005
ネックはフレットの残りも十分にあり、トラスロッドも
まだまだ余裕があります。
また思ってた以上に太めのネックでヒスコレGTと同程度!
グレコにしてもアリアプロⅡにしても国産は細いのが
多いので、とても好みな太さなだったのは嬉しい誤算♪

Tokai006
そしてお得意の基盤配線ですが、これが良いのか悪いのか?
私には分かりません。。。

さて一番気になるそのサウンドはいかに!?
テスト音源をお聴き下さい。
(先日振り替え休日があったので撮影済みでした。)
比較しやすいように、先日コラボさせていただいた
「Shout It Out Loud」と「Hotel California」です。
セッティングは先日と同じ(だと思います。)↓



自分の正直な感じですが音的、弾きやすさに関しては
ヒスコレの方が断然良いと思います。
実際に録音した後、もう一度ヒスコレに持ち替えて
弾いてみましたが、やはりその印象は変わらず。
しかしTOKAIの音がイヤだとか劣っているという
事ではありませんので誤解なく(^^ゞ
TOKAIの方はこれで十分と感じますし、これが個性だと
思いますし、とても満足しています。
なんといっても所有する喜びもひとしおです♪

いずれにしても最終的に自分が追い求めているのは
Les Paul REBORNなので、いつかは必ず手に!と
誓いながらこのギターも大切にしてやりたいと思います(^^ゞ

いや~なんど眺めても渋すぎる♪

2010年3月20日 (土)

まだまだ続きます…

物欲ネタ…いやまたまた新製品情報です。

まず最初はGibsonより「Slash Appetite Les Paul」が
発売されます↓
Ds00887025_3 Img1_77018
サンバーストの色目が抜け落ち、長年の使用で飴色に
程よく焼けたトップを再現した"Appetite amber"フィニッシュで
本人が使用している80年代後期のサウンドキャラクターに
アレンジされたセイモアダンカン社製『Alnico II Pro
Slash Pick up』を搭載。
本人いわく「オールド・ファッション」なオレンジ・ドロップ
キャパシターとの組み合わせで自身も納得のサウンドを
再現しているそうです♪
気になる販売価格はクロサワでは256,000円。
世界限定600本の予定だそうで、欲しい人は急いで(^^)v

そしてヤングギター・オンラインで見つけた↓
Jamshopping83113 Evhmain
もうそのまんま(笑
10,500円と少々お高いですが、気分だけはエディに(^。^)

2週連続でこんな事を書いてますが、決してネタが
無いわけではありません。
なんといってもAC/DCのライブで来阪された
あるお方(事情により誰だかは伏せておきます)笑
と月曜日にお会いして、短い時間ではありましたが
楽しく過ごさせていただきました。
石橋楽器にまで行って、試奏されたのは秘密です(^^)v

そして今日の本題。
リアルではありませんが、またまたキョロさんとの
コラボも紆余曲折を経て完成しました♪
当初は私のリクエストでJUDASの曲を練習していましたが
私もキョロさんも、ど~も納得がいかなくて…
曲の変更を申し入れて、KISSの「Shout It Out Loud」に
変更しました。
ここでまた私のわがままでポールのパートで私には
とても弾きにくい箇所があったので、恥ずかしながら
エースのパートを弾かせていただきました(汗
まずはご覧下さい↓



大歓声ではじまり、大歓声で終わりましたが
本当はブーイングかも?(>_<)

今回もキョロさんに編集までしていただき
感謝申し上げますm(__)m



あっ最後にもう一つ報告を↓
Tokai02
つい20分ほど前に到着…(^^)v

2010年3月13日 (土)

春は新製品も目白押し♪

ネタがないので、気になる新製品のご紹介でも…
※長くなりますので、しばし我慢を(^^ゞ

①まず一つ目がFenderのアンプ「G-DEC 3 Thirty」
Gdec01 Gdec001
30 W バージョンと 15 W バージョンの 2 モデルを用意。
詳しくはhttp://www.fender.com/features/gdec3/
(デモの映像があるので是非ご覧を)
を見ていただくとして、なんといっても私の注目は
USBアウト。パソコンとの連携がとれるのは
とても魅力的です♪

NAMM SHOWでのデモ
http://www.youtube.com/watch?v=EIClai1FyZU&feature=player_embedded


②続いてはPRSの新しいSEシリーズで
「Paul Reed Smith 25th Anniversary SE Custom 」
Prs01
Prs02 Prs03_2
韓国製のリーナブルなPRSの入門ギター?ですが
以前私も使用していました。
この度25周年を記念して発売されたわけですが
なんといっても写真のようにバードインレイが
高級感を漂わせています♪
とても軽くて、ネックもレスポールのように太くなく
女性にも優しいギターではないでしょうか?


③続いてはEdwardsの「E-PO-108PR」
Ed_epo108pr 2184_1
すでにPOTBELLYシリーズとして定着してますが
今回のモデルでは、なんといってもPUが特徴的!
ダンカンのPUですが新開発の“P-Rails”を搭載。
なにもしなければハム・サウンドを奏でますが
ミニスイッチの切り替えでP-90サウンドへと切り替わる
画期的なPU♪
前々からP-90を味わいたいと思っていた私には
かなりグッとくるギター(^.^)
販売価格は約90,000円です。


④モントルーから、コンパクトエフェクター型の
アンプシミュレーター「レジェンド・アンプ・シリーズ」が
発売。
01
-------------以下、メーカーHPより---------------
名器と言われる真空管アンプサウンドの数々を、
コンパクト・サイズで実現したエフェクト・ペダル。
何れのモデルも豊かなダイナミクス・繊細なニュアンス
・厚く奥行きのある歪みなど、ターゲットとなったアンプ
の個性をリアルに再現しています。
回路構成はエフェクト・オフ時に原音に影響を与えない
トゥルー・バイパス仕様。
また、通常のアウトプットに加えてキャビネット・
シミュレーター・アウトを搭載。
ミキシング卓への直接接続やDTMに威力を発揮します。
--------------------------------------------
http://www.montreuxguitars.com/products/import/amt.html

購入する事はないと思いますが、気になりますね~


⑤そしてオマケで…
石橋オリジナルMavisのMMG-200。
Mmg200_color
ムスタングなんだかサイクロンなんだか?(笑
でもネックはロングスケール(^_^.)
単体売りはなく、一番安いセットで14,800円♪

ムスタングのシルエットが好きなワタシには
少し刺さるものが。。。(笑

まだ他にも気になるものはありますが、この辺で(^^)


さて本題ですが、先週は久しぶりに音源のアップを
サボらせていただき、今週はきっちりと!
今回は以前からテスト音源等で何度か登場していた
Judas Priestの「Living After Midnight」
ほとんどリフで、ソロも短く、追い込まれた感なく
楽しく弾けました↓




え~娘のベース選びで私の頭の中は一杯(*^_^*)
本体は2種類に絞ってますがアンプ選びが難しい…
エフェクターもZOOMのB1をとも考えていましたが、
最初からはいらない?と思うようになったので、
本体+アンプにシールド、教則本、スタンド、ストラップ
ピック等の小物(なにか忘れてます?)を揃えます。
(チューナーは手元にあるKOLGのpitchjackを)
入学後、強制的に1週間ほどクラブ体験があるらしく 
軽音に入るとのことなので、購入は正式加入後と
なっております(^^)v

2010年3月 6日 (土)

ホッと一息♪

この1週間というもの、全くギターを手にせず
弾いておりません…
カラダは欲しているのですが(>_<)
皆さんのブログも読ませてはいただいておりますが
コメントできず読み逃げになってしまったこと
お詫びしますm(__)m
あたらな物欲の記事や、そのレポート。そして音源など
とても刺激されている事は間違いないです(^^ゞ

01
さて次女の受験の結果ですが、前回の日記の
ご返信でも書いていますが、写真のように
めでたく合格してくれました♪
嬉しいのは私たちも本人も同じですが、
とてもホッとしました(^.^)
娘は「高校に入るまで、もう勉強はやらん」と
宣言しております。。。
そうすると以前から約束していた通り、軽音部に入り、
ベースをやると宣言している娘用のベースを
購入しなくちゃなりません。。。
(本当はギターを弾いてくれれば、それを理由に
もう1本増やせるのにと密かに企んでいましたが)
まだ本当に入るかどうか疑わしいので
実際の購入はもう少し先になるかと思いますが、
候補は見つけておかねばなりません。
ギターなら少しは分かりますが、ベースとなると…
続くかどうかも分からないので、お手頃なモノをと
考えていますが、いわゆる「初心者セット」として
売られているレジェンドやフォトジェニック等は
ネット上でもネックがすぐに曲がるなどの
情報が多くてパス。
(お持ちの方がいらっしゃいましたらスミマセン)
それ以外でいくつか候補を挙げてみると。。。

■Ibanez GSR320…石橋にて23,800円(小物セット付)

■Cort コルト/ACTION BASS…19,800円

■Mavis…22,980円(石橋オリジナルで
             ZOOMのB1も付いたセット)

■Washburn TAURUS BASS…石橋にて19,800円

■Bacchus BJB-300orBPB-300…16,000円

■Aria ProⅡ IGB-STD…21,000円(三木楽器)

■FERNANDES RJB-380…24,800円(ジャムズさんにて)

大体これ位でしょうか?
多くが石橋楽器のHPからですが、これらのメーカーで
あればとりあえずは安心?できそうです。
本音を言えば石橋のMavisあたりなら助かるのですが
果たして品質の方は。。。
それ以外だとアンプやエフェクターも買わないと
いけないという問題も残ります^_^;
娘曰く、Warwickのベースを見て「こんな木目がイイ」なんて
勝手な事をいっておりますが、却下です!
他になにかオススメ等がありましたら情報を
お待ちしておりますm(__)m

※最初に書いた理由で今週のアップはございません…
前々からテスト音源等で何度か登場していた曲を
来週にはアップしたいと思います(^^ゞ

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »